なにわの芸術応援募金~大阪市芸術・文化団体サポート事業~

ふるさと寄附金でShionを応援してください!

募金の目的

大阪市では、大阪の芸術・文化振興のため様々な事業を展開しています。
大阪の文化を支えるしくみの一つとして、芸術・文化団体の活動を支援する「なにわ芸術応援募金」を募集しています。
この募金は、大阪市のふるさと寄附金のメニューのひとつであり、登録された芸術・文化団体の中から応援したい団体を選ぶことができ、いただいた寄附金は、登録団体への助成金として役立てられます。 Shionは大阪市が認定した登録団体です。
みなさまからのご支援、宜しくお願いいたします。

ふるさと寄附金とは

生まれ育った場所など、一人ひとりが選ぶ場所を「ふるさと」として応援するもので、「ふるさと」の自治体への貢献の気持ちを表す市民参加スタイルです。応援したいと思う自治体へ寄附された場合、一定の限度まで、現在お住まいの自治体の住民税の減額など 税制上の優遇を受けることができます。
※大阪市では「ふるさと納税」が都道府県・市町村に対する寄附であることから「ふるさと寄附金」と呼んでいます。

大阪市芸術・文化団体サポート事業の概要

  • 1.応援したい登録団体(Shion)を選択して大阪市へ寄附していただきます。
  • 2.大阪市は芸術・文化団体の活動を支援するための助成金を交付します。

寄附金額にあわせて住民税等が減額されます

●住民税等の軽減額の目安
(配偶者とこども2人(大学生・高校生)を扶養している給与所得者の場合)

寄附金額 年収500万の方の軽減額 実質負担額
1万円 8,000円 2,000円
3万円 28,000円 2,000円
5万円 34,300円 15,700円
10万円 41,900円 58,100円

※上記の軽減額は目安のため、百円未満は切り捨てています。

モデルケース①:年収500万円の給与所得者が配偶者とこども2人
(大学生・高校生)を扶養している場合

10,000円を寄附⇒翌年度の住民税等(※)から8,000円が減額されるので、
実質負担は2,000円となります。

※確定申告を行う場合は所得税と住民税、ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合は、住民税からの減額となります。

モデルケース②:年収5,000万円の給与所得者が配偶者とこども2人
(大学生・高校生)を扶養している場合

2,042,000円を寄附⇒翌年度の住民税等(※)から2,040,000円が減額されるので、
実質負担は2,000円となります。

※確定申告を行う場合は所得税と住民税、ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合は、住民税からの減額となります。

全額(※)控除される「ふるさと納税額」(年間上限)の目安 ※2,000円を除く
詳細はこちら
 

クレジットカードならお申込みとお支払いが同時できます。
詳細はこちら
 

  • ※住民税等の軽減額の詳細については個人の所得金額や所得控除額(扶養控除や社会保険料控除など)、寄附金額によって異なります。
  •  
  • ※1回のお申込みで1万円以上の寄附をいただいた個人の方には、大阪市の美術館や博物館など市内7か所のミュージアムに入館できる「大阪市立ミュージアム御招待証」を、10万円以上の寄附をいただいた方に市長感謝状を、100万円以上の寄附をいただいた個人の方に 記念品を贈呈しています。

詳しくは、お気軽にShion事務局までお問い合わせください。

【なにわの芸術応援募金相談窓口】
〒559-0034
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 ITM棟2階
フリーコール 0800-919-5508
(10:00~17:30 日・祝を除く)
TEL. 06-7668-5540 FAX. 06-7668-5489
E-mail. info@shion.jp